toggle
2016-11-24

【イラン】野菜と豆のヘルシー煮込み「ゴルメサブジ(Ghormeg Sabzee)」


IMG_2927

イラン料理の中には、びっくりするくらい不思議な味の料理があります。
「ゴルメサブジ」もその一つです。

「サブジ」というのはペルシア語(イランの公用語)で「野菜」という意味で
「ゴルメサブジ」は一般的に、乾燥野菜と豆とドライレモンとラム肉を煮込んだ料理のことです。

 

乾燥野菜は数種類のハーブミックス

これを作るには「ゴルメサブジミックス」という
数種類のハーブを混ぜ合わせたものが必要になります。

ハーブの種類は
・コリアンダー(パクチー)
・チャービル
・リーク
・フェネグリーク
といった内容で、イランでは市場でフレッシュなハーブを買ってきて
自分たちでミックスしているのだそうです。

残念ながら、今の所、日本では一般的に入手するのが難しいですが、
イラン食材店に行けば購入することができます。

▼こちらは、小伝馬町にある「ダルビッシュショップ」という
イラン食材店で購入した「ゴルメサブジ」用の乾燥野菜になります。
(2016年11月時点で400円/箱)

img_5559

豆は「赤インゲン豆」

ゴルメサブジに使われる豆は「赤インゲン豆」です。

▼は乾燥野菜と同じく、ダルビッシュショップで購入した赤インゲン豆になりますが
豆は日本でも手に入る種類のもので代用できます。

img_5558

 

ドライレモン

「ドライレモン」というのは、標高の高い乾燥した気候のイランならではの食材で
レモンをまるまる乾燥させています。

こちらも日本のスーパーではほとんど売られていないため、
今の所はイラン食材店に行って購入するしかなさそうです。

img_5561

気になる味は、、、?

うまく表現することができずに申し訳ないのですが「すっぱい不思議な味」です。
あまり日本では口にしたことのない、衝撃的で複雑な味なのです。
そして、中東の細長くてパラパラしたお米によく合います。

img_5603

ゴルメサブジを実際に調理するには、材料を長時間煮込む必要があります。
イラン人の夫がよく言うのは「イラン料理には手間暇がかかる」ということ。

食材は手に入れにくいし、作るのにも手間がかかるしなぁ、、、という場合には、
イラン食材店でレトルトの「ゴルメサブジ」を買うこともできます。

湯煎するか、開封してレンジにかけるだけで食べられますので
ぜひお試しあれ。

 

 

 




Facebookページでは、サイトの更新情報や首都圏のアジアンイベント情報を発信しています。





関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA